R18恋愛官能小説 青山倉庫

ガマガエルと鶴の群れ

ガマガエルと鶴の群れ
2014-01-08
大学の写真サークルで活動を始めたとき、高校時代からの知り合いである沖田と再開した。
かつて高校の部活で彼はぼくを踏み台に立場を固め、大きなチャンスをつかみ、用済みのぼくを部活から追い出した男。誰よりも抜け目なく腹黒く馴れ馴れしくぼくの轍を辿ってくる彼の存在は、サークル全体に薄気味悪い影を落とし、彼は新たなチャンスを伺っていた。友達の皮を被ったこの小男にぼくたちは次第に蝕まれていくが、大学生のヒエラルキーという現実はそこまで甘くなかった。
長篇(原稿用紙221枚)。
第1話「写サー」
第2話「ジュニアモデル」
第3話「カメラショー」
第4話「SNS中毒」
第5話「基礎技術」
第6話「街撮り」
第7話「ムッツリ御曹司」
第8話「俺の彼女」
第9話「マズイ写真」
第10話「撮影旅行」
第11話「フィルム」
第12話「モデルの子」
第13話「ポートレート」
第14話「心霊動画」
第15話「お祭り」
第16話「逆ギレ」
第17話「寄生虫・前編」
第18話「寄生虫・後編」
第19話「部室」
第20話「セフレ」
第21話「スクールカースト」